パートナーシップのこと

自分の人生を記録したくなった

その2


2015年、12月31日に

ブログや、メルマガや、FBで公開した内容を

こちらにも残しておく


もう4年前かー


ーーー


私たちは、パートナーシップを解消しました。 


9月の私の誕生日に、彼と二人でいる写真を、FBにUPしたところ。。

  

それがきっかけで、いろいろなことが発覚しまして^^;

 

彼が、結婚していることを隠して、お付き合いしていた女性が、その写真を見て、ショックを受けてしまい。

 

もちろん私も、何も知らなかったので、ショックをうけました。

 

戸惑いましたが、きっと今が、私たちの関係を変える、タイミングなのだと思いました。

 

今までずっと、私が彼を、経済的に支えてきたこと。

 

彼も、自立したいと思いつつ、むずかしかったこと。

 

きっと、こんなことでもなければ、私たちの関係は変わらなかったと思います。

 

今回のできごとは、次に進みなさい、というメッセージ。

 

彼と一緒だったからこそ、経験できた事がたくさんあったし、冒険みたいで面白かった。

 

自分の中の、精一杯で、彼を愛した。

 

13年間の結婚生活に、一切の後悔もありません。

 

こんな風に、人生の岐路に立った時、うれしかったのは。

 

お仕事の師匠が、朝一番に電話をくださったこと。

 

スピリチュアルのメンターが、明るい未来を示してくださったこと。

 

離婚という、一般的にはネガティブにしか、とらえてもらえないできごとなのに、

 

友人や、仲間が、新しいスタートを、祝福してくれたこと。

 

-----

 

。。。と、ここまでを、10月中旬に書いて。

 

それから、しばらく寝かせていました。

 

短期間で、ずいぶんスッキリしてるけど、大丈夫かな、って。

 

もっと悲しみや、虚しさや、怒りがあるんじゃないの?って。

 

そこで、様々な感情解放のワークをやってみたけれど、いまひとつ響かない。。

 

そんな時、ふと、井上 祐宏さんの「子孫へのラブレター」が目に止まりました。

 

もし、明日、目が覚めないとしたら。

 

あなたに、伝えたいメッセージ。

 

「あなたが、このビデオを観ているということは、私はもう、この世界にはいないということですね。」

 

と言って、話しはじめる、このワークを、彼に向けて、やってみることにしました。

 

そうしたら。。

 

もう、涙があふれて、あふれて、止まらなくて。

 

言葉が、勝手に出てきました。

 

-----

 

I love you so much ..

 

あなたを、愛しています。

 

私の、あなたへの愛は、何も変わっていないよ。

 

私は、13年間、ずっと幸せだった。

 

それは、あなたが私を愛してくれたからではなく。

 

私が、あなたを愛していたから。

 

私の心は、いつも、あなたへの愛でいっぱいだったから。

 

いつも愛を感じて、しあわせだった。

 

悲しくて泣いているんじゃないよ。

 

あなたへの想いで、胸がいっぱいなの。

 

こんなにも、誰かを愛することができるなんて、想像もしていなかった。

 

あなただったから、こんなにも愛することができたんだね。

 

あなただけが、私に与えることができた、最高の経験、ギフトです。

 

私の人生にいてくれて、ありがとう。

 

人生を、うんと楽しんでね。

 

誰かを愛して。

 

たくさん愛されてね。

 

笑っていて。

 

笑顔を見せて。

 

私の望みは、あなたが幸せでいてくれること。

 

All I want is your happiness ..

 

-----

 

もう、彼への愛しか、出てこなかった。

 

今でも、彼のことが大好きで、よかった。

 

それでも、お互いが、次に進むために。

 

今の関係を、卒業しようと思う。

 

-----

 

彼は、私の家族へ宛てた手紙に、こう書いていました。

 

ずっと、収入がないことで、無意識に自分を嫌っていた。

自分が男だと思えなかった。

 

妻が、どれだけ僕を愛して、注目を与えてくれても、それでも十分ではなかった。

それは、自分だけが、自分に与えることができるものだから。


-----


守り手、導き手、養い手であることは、男性の本性。という教えが、今は身に染みます。。


-----

 

13年間、楽しかったね。

 

ふたりで、離婚届を出して、長いハグをして。

 

手をつないで、区役所を後にしました。

  

もう、男女とか、夫婦とか、関係なく。

 

ただ、大切な人として。


相手の幸せを、心から祈って。


 

激動すぎる、2015年。

 

今は、新しいスタートに、わくわくしています^^


(内容、公開に関して、彼の了承を得ています)