すべては采配のもとに

あー、これゴッドだなって


その存在を日常の中に

感じる時と


大きな流れの中で

ああ、これもゴッドだったんだ

と後で知るときがある


今回は

大きいほう


そんな時は大抵

後でちゃんと

答え合わせをさせてくれる


今年の3月くらいまでは

最近どう?

と聞かれたら


ほぼほぼ天国

と答えていた


人も、環境も

時間の使い方も


ほんとありがたいなー

と思う事ばかりで


そりゃ、社会的には

心配なことは

たくさんあるけれど


個人的な生活は

ありがたいことばかりで


外側の現象に

問題がないのだから


その元である

内側も大丈夫

ってことだよね


アセンション楽しみだなー

なんて思ってた



でも、5月と8月に

集団生活をすることで


ここ5ヶ月

残りの生きづらさ3割が浮上して

凹んでいた


何とかしたいと

解決策を探すようになって


その後、友だちのAちゃんに

書き換えをしてもらって

残り2割になって


ちょうどスピの師匠と

お話しする当日に


みいちゃんの動画を

初めてみて


ああ、これからは

これをやるんだなぁ、

と思ってた


自分のことも

人のことも


山で耳を虫に刺されて

ウイルスが入って


ずっと行ってみたかった

サイキックな女医さんがいる

病院に行けて笑


話しているだけなのに

ほとんどエネルギーワークで


残りの生きづらさを

手放せるような動きが

続いていた


その10月3日に

友だちがシェアしていた

投稿に


4月から続いていた

冥王星の逆行が終わる


私たちは、

手放す必要のあるものを知り


逃げずに

闇に向かい合ってきました


と書いてあった


この苦しい状態がなければ

何も問題がないと思ったまま

来年を迎えただろう


この5ヶ月の

しんどさも

ちゃんと

クリアになって向かいなさい

というゴッドの愛

だったんだ


そして、そのことを

知らせるために

10月3日に

その情報を

見せてくれた


「嫌われる勇気」という本が

ベストセラーになるくらいだから

みんなどこか人が怖い


きっと、今までの時代なら

3割くらい生きづらさを

抱えたままでも

人間らしくていいんだろう


でも、2020年にむけて


そんな残りの生きづらさも

無視しないで


ちゃんと見て受け取って

統合していく

必要があるんだ


すべては

ゴッドの采配のもとに

デザインされていた


愛されてるなー


ありがとうゴッド


あなたが私を

生かしてくれているように


すべての命と繋がって

一隅を照らせますように


私の命と

心と体と魂が


あなたの道具で

あれますように