現実の迫力たるや。

カナダで

生きづらさ残りの3割りを再認識して

なんとかしなきゃ、

なんて思っていたけれど。


きのう出かける時、ふと、

いやいや、

突っ込みどころはそこじゃない、

と思った。


生きづらさ、うんぬんではなく。。


あんなにゴッドに、

目の前の人や、物や、できごとも

すべてゴッドの一部なんだよ、

あなたもそこに含まれるんだよ、

みんなひとつなんだよ、

というのを見せてもらっていたのに。


それをすっかり忘れて、

目の前の人やできごとに恐れを抱いて、

完全に飲み込まれていた。


見事にはまってたなー

寝てたわー

って、突っ込みどころはそこだった。


あー、びっくりした。


ゴッドを現実で体感して、

100%確信してるのに、

こんなにも簡単に

現実に飲まれてしまう。


まあね。。


映画は、視覚と聴覚だけで、

平面で、2時間だけ。

テーマも自分で選んでるのに

泣いたり、笑ったり、感動したり。

あんなにどっぷりはまっちゃうんだもの。


でも、目の前の現実は3Dで、

五感をすべて刺激して、

時間の制限がなくて、

殴られたら痛い。

そりゃあリアリティあるよ。


だから、現実の迫力を前にすると、

あっという間に飲み込まれてしまう。


現実は現象だと、

自分の観念の映し出しだと忘れて、

外側に対処しようとする。


そして、ゴッドを体感して確信していても

現実に抗うのが、

どれほどむずかしいかを

経験する必要があったんだと思う。


苦しい現実を前にして葛藤している人に、

ゴッドの存在を体感すれば怖く無くなるよ、

なんて、軽々しく言わないように。


人にシェアするために

すべての経験をしている気がする。