5年前の予言

まだ、今の仕事をはじめる前。


キネシオロジーの筋肉反射で

今回の人生のテーマとして

出てきた答え。それは、


愛と信念を持って、真実を伝える。

だった。


私はすかさず、

それが真実かどうかは

どうしたら判断できるのですか?

と聞いた。


身体が出した答えは

愛と信念があれば、それが真実。

だった。


私はその時、

それって公正でも、客観的でも

中立でもない。


自分にとって都合がいいことを、

愛と信念があるからといって、

勝手に真実としてしまうのでは?

と思った。


でも、今は、

何を言わんとしているか、

よくわかる。


これって、これからやろうとしていること、

ゴッドについて語るってことだ。


今、ゴッドについて

愛と信念をもっている。


ゴッドの存在が

真実だと確信している。


でも、それを信じてほしい

というつもりはなく。


自分の人生で実験して、

自分で体感して、

それで判断して欲しいと思ってる。



昔、原始仏教を学んでいた時、


信じるな、祈るな、試してみなさい。

というブッダのクールな教えにしびれた。


自分が惹かれるものは、

やっぱり自分の中に

共鳴するものがあるんだな。



今はバラバラに見えるけれど、

私たちはみんなゴッドの一部で。


あなたが、どれほどみじめな思いで

明け方まで眠れなかったとしても。


この宇宙でひとりだけ、

取り残されているように感じられても。


あなたを、24時間

見守っている存在がいる。


この世界のすべてをもって

あなたを

満たそうとしている存在がいる。


あなたが、どこにいても。

何をしていても、

していなくても。


ゴッドは、あなたを愛している。


みんながそれを実感しながら

生きていけたらいいな。