小さなサインと、大きな世界。

ご近所のKちゃんと

インドのリトリートに一緒に参加する予定だったので、

水曜日に話そう、と約束してた。


でもそのあと、

水曜日に気功があって、

その後に温泉に行くよって聞いて

あー、やっぱそっちに行きたい♡

と思って。


Kちゃんに、

ごめーん、やっぱり気功&温泉に

行きたくなっちゃった、と告げた。


Kちゃんは、

パッキングも確定申告も

終わってないから、

約束してた水曜日より

金曜日の方が落ち着いて話せるかも、

と、金曜日に会うことに。


風邪をひいたとか、

どうしても外せない用事ができたとか、

不可抗力的な理由で

予定を変えてもらったことはあるけど。


あっちの遊びに参加したいから、

という理由で、

日程を変更してもらったのは、

きっとはじめて。


これが言えたのは、

Kちゃんに事前に、


これからは、

自分の心に正直に生きよう。

本当に望むタイミングで、

やりたいことをしよう。


気が乗らなかったら

キャンセルもあり。

お互いにそうしない?

と話していたからだと思う。


で、予定を水曜から金曜に変更したことで

現地と直接やり取りすることになって、

先方と認識のずれがあったことがわかり、

急遽、インド行きをキャンセルすることに。


そして、その翌朝。


目覚めるといきなり、

生きづらさのセミナーは

これが最後で集大成。

と浮かび、4月にやる、

という感覚が降りてきて。


えっ?最後なの?

そんなの決めて大丈夫?と驚きつつ、


当初、インドから帰ってから

6月に開催しようと思っていた

生きづらさのセミナーは

平成のうちにやる必要があったんだ。


だから、インドが

キャンセルになったんだ、と思った。


ここまでの流れを

自分で決めた気がしなくて。

上が決めている、としか思えなくて。


突然でびっくりしたし、

冷静に考えると、

この先、何をしていくのだろう、

大丈夫かな、とは思うけれど。


ゴッドが決めたのだから

なんとかなるんだろう、と思ってる。


この世界の一部である私。


その私の中の小さなサインに従うとき、

それは、大きな世界と繋がって

呼吸するように、呼応するように

調和して、

本来の姿に向かって

必要なことが起きるんだ。


一見、ネガティブに思える

できごとも。


すべてはゴッドの愛だと

あとで気づく。


だから、すべては最善。

という言葉が、今は、

とてもナチュラルに響く。


ゴッドがいつも愛してくれるおかげだな。