我がままに。すると世界と調和する

以前に、

人・物・事は生命体。

というタイトルで書いたこと。


建築家のTさんにいただいた本に

書かれていた文章について。


人・物・事は生命体。

その生命体は調和している。

その生命体は調和している一つの有機体。


これは、ゴッドのことだってわかる。

実感してる。


でも、


調和している状態は、

人・物・事にある

「個性」と「役割」が生きている状態。

人・物・事にある個性と役割が生きているのは、

瞬時瞬時の変化に活動している状態。


これが、頭の理解でしかなく、

実感できていない、と書いた。


これ、今は何を言っているかわかる。

実感してる。


最近、友だちと会う時に、

日程を決めないでおこう、

ということが多い。


そして、会う当日も、

大体の時間は決めるけど、

遅れちゃいけない、とか考えないで

自分の心に忠実に、

フローに乗って行動しよう、って。


常識とか、失礼とか、

気にしなくていいから。

私たちの間では

そういうことにしようよ、って。


そうすると、それぞれが

自分の心地よさ、流れ、

タイミングで動く。


MちゃんとKちゃんは、

ぜんぜん違う理由で

違う日に、

家に来ることになっていて。


でも、約束が変更になっても

気にしないでって。

二人とも2〜3回くらい

リスケジュールして。


それがぴったり、

同じ日に、

完璧なタイミングで

家に来た。


Mちゃんとは、

会ってすぐに、朝から

ズバンと深い話になって。


そして、Kちゃんが

最後の方に被るように来て、

3人でも話せて。


そして、Mちゃんから聞いたことを

その後、Kちゃんと私で

ワークすることになって。


その夜、また違う場所で、

3人で会えて。


それぞれが、

自分のフローに従って動く時。

世界と調和する。


それぞれが、我がままに

その時、その時の

自分の直感で動くと

他の人にとっても

それがパーフェクトな結果、

調和となる。


人それぞれに、

固有の望みや、流れ(個性)

があって、

やること(役割)があって。

それに毎瞬したがって

動いている。


それが、

人・物・事にある

「個性」と「役割」が生きて、

瞬時瞬時の変化に活動している状態。

だと思う。

そして、それは調和する。


これからは、それぞれが

自分の天国を生きて、

でも、それらがぶつからない。

というのは、

こういうことなんだ。


人・物・事は生命体。


その生命体は調和している。

その生命体は調和している一つの有機体。


調和している状態は、

人・物・事にある

「個性」と「役割」が生きている状態。


人・物・事にある個性と役割が生きているのは、

瞬時瞬時の変化に活動している状態。


うん、これ、ぜんぶ

今は実感をもって理解できる。


うれしい。