あなたもゴッドでしょ?

ゴッドとのつながりを日々実感するようになって

変わったことのひとつに、

物を大切にするようになった、というのがある。


もちろん、今までだって、

粗末にしていたつもりはないけれど、

どちらかというと、資源を大切に、

みたいな気持ちだった気がする。


でも今は、このかけらもゴッドだって知ってるよ、

という感じ。


こんなに、物でも人でも、

何でも使える、ということは、

何でもゴッドだからでしょ?

と思ってる。


スタバで、蓋の口からひょいっとソイラテを溢れさせて、

私にナプキンが必要なことを思い出させてくれたり。


寒いから、私に着替えさせるために

過去にさかのぼって

スマホを忘れさせたり笑


電車の乗り換えを教えるために

後ろの人を立たせたり、

座らせたり。


もう、なんだってできちゃうんだよね。

人だって、ものだって、

なんだって使ってアプローチしてくれる。

だから、ゴッドがすべてだとわかってる。


なんでも、いくらでも自由に形を変えて、動かせるんだもの。

時間も関係なくね。


本の校正のためのA5のコピー用紙を注文する時に、

今までだったら、後で足りないと困るから、

一応2パック買っておくか、

みたいな買い方をしていたけれど、


今は、考えて、考えて、ぴったり買うようにする。

コピー用紙の1枚にも、ゴッドを感じる。


テーブルの上にちょっと汚れたものを置こうとして、

あ、ごめん、いやだよね、

とやめてみたり。


お風呂場の排水溝につまった髪を掃除しながら、

あなたもゴッドだって知ってるよ、

なんて思って、少し楽しくなった。