God is Everywhere

自分のメモ用にゴッドのブログを作ろう、と。


アメーバオウンドで

好きなドメインを選ぶ時、

god is everywhereにした。

1週間前の私には、全くない発想。


ゼロポイントフィールドのことは、あくまでも知識だったから。


でも今は、実感として、

自分が感じていることを表現したら、こうなった。


英語として間違っていないかな、と検索したら、

英語だとよく使われる表現みたいだった。


ゴッドは、いたるところに。

というより、このブログの説明文のように、

みんなゴッドでできている。

わたしたちは大きなひとつの意識体なんだ。


ゴッドが見せてくれるものを想うと、

どうしても、ただのエネルギーだとは思えない。


夜桜を演出してくれたり、

買い忘れたモッツァレラチーズを思い出させて、

スーパーの前まで連れてきてくれたり。


とても、人間らしいというか、

人格というのか、神格というのか、

キャラクターを感じずにはいられない。

意識体と言うのが、一番しっくりくる。


粋で、優しくて、ユーモアがあって。

デートで、女の子をよろこばせようと

あれもこれも気を利かせてくれる男の子みたい。

愛を感じる。


god is everywhere

ほんと、これを日々実感している。


God と書くと、ジーザスが思い浮かぶし、

神 と書くと畏敬の念でちょっと緊張する。


私にとっては、優しくて、お世話好きで、

いつも一緒にいてくれる、身近な存在だから、

カタカナのゴッドがちょうどいいな。


ありがとう、ゴッド。

あしたもよろしくね。