100%の自己愛。

これはちょっと書き留めておきたい。


『その「生きづらさ」卒業できます』

の英語版

『You are Amazing』ができて


そのことをブログで書いたら

昔のクライアントさんが

リブログしてくれて


そこに、とよさんの

シータヒーリング

と書かれていたので


あ、シータって言って

大丈夫だったかな?

まだ資格あったかな?


本を書いた時も

出版したときも

シータのイントラの資格は

持っていたけれど

今もあったっけ?


最後にアテネで更新したの

いつだったかな?


いちおう、資格だけ更新しておこう

とオンライン、シータと

友だちの名前で検索したら


ちょうど翌週の月曜日から3日間

開催されるところだった


金曜日だったから

空いてるかな〜と聞いてみたら

大丈夫だよ、ってことで


2月の8日〜10日まで

受けることに。


私は、このしつこい自己否定の

残り2〜3割を手放したい

という目的で参加した


参加者さんは一人で

講師の人と3人だったのだけれど

初受講とは思えないくらい

準備万端の人で


おかげで完全に心をひらいて

ゆだねることができた


2日目、思い込みの書き換えで

最後の苦しみを手放さない

メリットは何か?を

シータ波になって掘り下げている時に


自分が楽になったら

苦しんでいる人のことなんて

どうでもよくなって

どこかに行ってしまう


自分がまだ苦しんでいることが

アンカーになって

関心を持ち続けることができる

と浮かんできて、号泣。


こんなことは、ずっと前から

頭ではわかっていたつもりだったし

このメリットが怪しいと

口に出してもいた。


でも、はじめて潜在意識で

ふにおちた感じ。


そして、どうせ変われない

これが今回の役割だから

という想いもあがってきて


同時に、

過去生なのか、なんなのか


ヨーロッパかな。

古い時代のほころびた服装で

ロングヘアの女性が小さな明かりとりの

窓の下でうずくまって


今回の人生は、もうこの役割なんだ

だから変えられない

と思っていることが伝わってきた


何か霊的なものをあつかう人で

幽閉されているみたいだった


ああ、この人の信念だ。

今回の人生はこの役割なんだ

って強く思い込んだことがわかって

また号泣。


その後、信念を書き換えてもらった。


そして、3日間の講座が終わった後

ニンジンを切っていたら


私は、自分を愛する

すべての人を愛する

と降りてきて、号泣した。


講師のお友だちが

愛に溢れた人だったことと


この3日間で

深いところから癒されたこと


昨日の、木ちゃんのメッセージが

愛に溢れていて


二人とも、自分をちゃんと愛しているから

人に愛をあたえられるんだな、とわかって


自分を愛すると決めた。

そして、すべての人を愛すると決めた。


時間と体は有限だから

行動で示す、ということではなく。


でも、心の中は無限だから

心の中で

すべての人を愛する、と

ひとしきり号泣。


閉ざしていた心を

いっきに解放した気分だった


ハートから、愛が溢れる。


で、翌日。


いつも自分を変えたくて

そのときにはまっている人の

音声を聴いていたのだけれど

ぜんぜん聴く気にならない。


普通に音楽が聴きたい。

もう自分を変える必要が

ないんだな。


何をやっても

何をやらなくても

自分を否定しない。


今、自分を100%愛している

と思える。

そして、すべての人を愛する

と思える。


外に出て、お店で

人と接していても

いつもなら気になることが

気にならない。


で、さっきFacebookをみたら

友達が10日のホロスコープ

すごいことになっとる!

とシェアしているのをみて


ほんとうに、すごいことに

なってたよー、と思った


ホロスコープから読めるメッセージは

変わるなら今でしょ!

早く手を離せ!

だったらしい。


クライアントさんが

リブログしてくれたのを見てから

講座探して、申し込んで

最後の自己否定を手放して

100%自分を愛している

と思えるようになるまで

1週間。


これまで、この

残りの自己否定を手放すために

いったい、どれほどの

時間とお金とエネルギーを

費やしたことか。。


結局、ゴッドのタイミングなんだよなー

ゴッドはいつも、ギリギリ…


いや、最善のタイミングで

必要なものをあたえてくれる


というか、ゴッドは私でもあるから

これ、自分でやってるはずなんだよね


何プレイなんだろう。。

このタイミングが最善だったって

後でわかる日がくるんだろうけれども


それにしても、長かったなー


クライアントさんで

残りが長引いている人に

伝えねばっ